スタンド・バイ・ミー

9月17日

STNDBYME-CTIT-7
©1986 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

■作品紹介
アメリカ・オレゴン州の田舎町キャッスルロック。そこに住む4人の少年たちは、3日前から行方不明になっていた少年の遺体が放置されていることを知る。「死体を見つければ有名になれる」という考えで4人は死体探しの旅に出る。

■スタッフのコメント

個人的なことによせて書いてしまい申し訳ないのだけど、僕は今学生で、4人でゲームやったり飲みにいったりしてつるんでいる地元の友人たちがいる。が、今のようにだらだら過ごせる学生の時間がもう終ろうとしている。そんな自分の状況に重ねて観てしまってとても切なくなった。今の時間を大事にしなさいよと言われてるような気持ちになった。

「子どもが線路に沿って歩いて行った先で子どもの死体を発見する」というのは隠喩として相当えげつないなあと思うのだけど、その顛末からはそのことを受け入れた上で屈さず生きる覚悟を感じられた。ラストシーンのセリフはほとんどの人にとってキラーワードというか、認めたくないような気持ちになるものだけど、だからこそより一層過去の思い出を大事にしたくなる。ふとした瞬間に思い出す記憶にその日が救われることもあるかもしない。そういうことに思いを馳せながら聴く同名の主題歌はとても沁みた。

日程 9月17日 
時間21:00〜
会場

監督:ロブ・ライナー

ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区にて生まれる。父は映画監督のカール・ライナー。子役としてテレビ出演の経験を積み、成人後はテレビ番組の演出を手がけるようになる。
1974年と1978年に『All in the Family』でエミー賞助演男優賞を受賞。
1984年の『スパイナル・タップ』で映画監督としてデビュー。その後『スタンド・バイ・ミー』や『恋人たちの予感』をヒットさせている。
1986年/84分/コロンビア映画
監督:ロブ・ライナー
脚本:レイノルド・ギデオン、ブルース・A・エヴァンス
音楽:ジャック・ニッチェ
出演:ウィル・ウィトン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル、キーファー・サザーランド
配給:コロンビア映画