「私の処女を買いたい人いませんかー?」

9月16日
9月17日

日本で成功することを願う映画製作者として、日本映画からたくさんのインスピレーションを受けました。中でも物語とポルノを芸術的に掛け合わせた日本の“ピンク映画”はとても興味深いものがあります。この映画は私の“ピンク映画”実験作品です。

日本独特の、愛とフェティシズム、欲望の探求──。

この物語は私が成人してから日本に住んでいる間、私及び私が知っていた人の実体験に基づくものです。

あらすじ:一人の女子が電車の中で携帯からインターネットに書き込みをしている。

「はじめまして。JKです。ちなみに処女です。わたしの処女を買いたい人いませんかー?」

日程 9月16日 9月17日 
時間C 16日 10:30~ 17日 10:30~ / 13:45~
会場

監督:フィル・メッキー

カナダ・モントリオール出身。名高いメルホッペンハイム映画学校を卒業後、21歳で単身来日し、以来東京に在住。SFからドラマまで様々なジャンルの映画を手掛け、これまでに世界の数々の映画祭で賞を受賞。このKisssh-Kissssssh映画祭では初のノミネートとなります。
2017|監督:フィル・メッキー|カメラマン:ハンズ・ボバノビツ|音楽:レミー・シーリー|出演:渡辺沙彩・遠松優香