いきうつし

【あらすじ】 仏師として立ち行かず、見世物小屋の生人形制作で糊口をしのぐ亀八。酉の市の興行で立ち寄った土地の名士から、不治の病におかされた娘の椿を、美しいまま写した人形を制作して欲しいと依頼される。