プログラム

2019年10月11日から13日の3日間(11日は前夜祭)、今年度は和歌山市加太から和歌山市城下町(和歌山市駅からぶらくり丁、和歌山城周辺)に場所を移し「Kisssh-Kissssssh(きしゅ〜きしゅ〜)映画祭2019」を開催致します。昼の部と夜の部と企画をわけてイベントを行います。
より詳しいスケジュールや内容は随時アップデートしていきます。

上映作品ラインナップ 会場までのアクセス

昼の部

日時

10 月 12 日、13 日 10:30〜16:00

場所

①万町 WPOT 地下
インディペンデントコンペティション 短編5本
②岡久家具 展示場
田辺・弁慶映画祭招待作品1本、ムージックラボ 2019 作品2本
③谷澤家具 倉庫
(GGP コラボ) ライトな映像

昼の部は10時から17時の間、城下町に点在する空き家、店舗が会場となります。日本のみならず全世界からインディペンデント映画作品を公募し、実行委員会、有識者による選抜の上、作品を上映致します。

また東京で開催されている音楽アーティストと映画監督のコラボイベント「MOOSICLAB」からの招待作品や過去の名作映画、若手監督のインディペンデント映画などを上映します。

当日は監督と観客との交流ブースも設けます。映像を用いたアート作品の展示やワークショップ、映画監督、映画評論家など有識者の方々によるトークセッションを行います。

また、和歌山市内で開催されるイベントとのコラボレーションも楽しんでもらいつつ、城下町を歩いてもらい、和歌山市中心地の魅力、まちの雰囲気、風土や自然を楽しむ機会を設けたいと思います。

夜の部

スケジュール

18:30〜10:00
AKIRA(120m) /
7 月の物語(71m) / あみこ(66m) / あの日々の話 (100m) / アストラル・アブノーマル鈴木さん(87m)

場所

和歌山城
和歌山城または世界一統

夜の部では18時から22時の間、公園や広場等にて特設スクリーンを設け野外上映を行います。話題の映画や名作、今注目されている監督の作品などを上映します。

昨年では『カメラを止めるな!』や『スタンド・バイ・ミー』『百円の恋』『バクダットカフェ』の作品等を上映致しました。

また東京の音楽アーティストと映画監督のコラボイベント「MOOSICLAB」をはじめとした招待作品を上映し、上映終了後には出演アーティストによる生演奏や監督トークなども予定しています。

上映作品ラインナップ 会場までのアクセス

PAGE TOP